Tabキーを使って効率的に文字や数字を入力する方法

パソコンは通常キーボードよりマウスを主体に操作をする人が多いと思われます。

エクセルを使うときはキーボードを使う方が早く正確にアクティブセルを動かすことが出来ます。

(アクティブセルとは、セルをクリックするとセルが太枠で選ばれます。そのセルのことです。)

それは「Tab」キーです。Tabキーを一回押すと左から右へアクティブセルが移動します。

また、逆にアクティブセルを右から左に動かすことも出来ます。その方法は、Shiftを押したまま

Tabキーを押すことによってできます。

ここでは、マウスを使わずTabキーを使ったアクティブセルの動かし方を説明します。

表のように文字を入力します。

「Tab」キーを押すと右隣のセルにアクティブセルが移動します。

下図の表にマウスを当てクリックすると表が拡大されます。

これを繰り返して文字を入力していきます。

すると、最後のセルにアクティブセルが移動します。

そこで、「Enter」キーを押します。

すると、最初に文字を入力したセルの下のセルにアクティブセルが移動します。